• 研究室紹介
  • メンバー紹介
  • 年間予定
  • 研究業績
  • 活動報告
  • コラム
  • リンク
  • 問い合わせ
  • 学生募集
    大学院
    人間総合科学研究科
     博士前期課程体育学専攻
     3年制博士課程コーチング学専攻

    学群
     体育専門学群

    研究生

    入学希望、興味のある方はお問い合わせください。

    コラム
    陸上競技教室運営協力
    アクセス
    〒305-8577
    茨城県つくば市天王台1-1-1
  • TOPICS
    2017.11.16
    ・コラム106回「RFDを用いた瞬発力の評価について(図子浩太佑)」を掲載しました.
    2017.10.31
    ・コラム105回「スプリント走中の筋活動について(奥平柾道)」を掲載しました.
    2017.10.25
    活動報告に第56回全日本50km競歩高畠大会を掲載しました.
    2017.10.18
    2017.10.14
    研究業績に以下の業績を追加しました.

    【原著論文】白木駿佑,間處将太,梶谷亮輔,眞鍋芳明,櫻井健一,尾縣貢,木越清信(2017)110mハードル走における7歩アプローチと8歩アプローチの特徴−スプリント走との比較から−.陸上競技研究,110:20−27.

    【原著論文】梶谷亮輔・山元康平・奥平柾道・斎藤仁志・前田 奎・広瀬健一・尾縣 貢・木越清信.短距離競技者における加速局面の疾走動態の変化が疾走速度に及ぼす影響.陸上競技研究,109:12-18.

    【学会発表】梶谷亮輔・前村公彦・尾縣貢・木越清信.ジャンプ運動における各種スポーツ種目の特性の検討〜スプリント走に着目して〜.日本体育学会第68回大会.

    2017.10.6
    ・コラム103回「観察的動作評価法について(岡室憲明)」を掲載しました.
    2017.9.24
    研究業績Jun Mizushima, Clifford Mallett, and Keigo Ohyama Byun. Becoming a High-performance Track and Field Coach in South America: Formation of Coaching Beliefs. The 1st International Conference of NIFS International Sport Academy.を追加しました.
    活動報告にThe 1st International Conference of NIFS International Sport Academyを掲載しました.
    2017.9.17
    活動報告に第37回陸上競技指導者研究会と天皇賜盃第86回日本学生陸上競技対校選手権大会を掲載しました.
    2017.9.5