• 研究室紹介
  • メンバー紹介
  • 年間予定
  • 研究業績
  • 活動報告
  • コラム
  • リンク
  • 問い合わせ
  • 学生募集
    大学院
    人間総合科学研究科
     博士前期課程体育学専攻
     3年制博士課程コーチング学専攻

    学群
     体育専門学群

    研究生

    入学希望、興味のある方はお問い合わせください。

    コラム
    陸上競技教室運営協力
    アクセス
    〒305-8577
    茨城県つくば市天王台1-1-1
  • TOPICS
    2016.8.29
    ・コラム第79回「ピッチタイプ・ストライドタイプは存在するのか 」を掲載しました.
    2016.8.22
    ・コラム第78回「スポーツ選手はなぜ叫ぶのか? 」を掲載しました.
    2016.8.19
    ・コラム第77回「筋肉痛の予防法について」を掲載しました.
    2016.8.3
    研究業績に以下の業績を掲載しました.

    【原著】木越清信関慶太郎近江秀明山元康平尾縣 貢.小学生における腕振り動作が疾走速度に及ぼす影響.陸上競技研究,97(2):9-16.
    【研究資料】木越清信,丹羽みなみ,澤野大地,下嶽進一郎,小林史明.棒高跳びにおける力学的エネルギーからみた適切なポールセッティングの検討.陸上競技学会誌,11(1):19-27.

    2016.8.1
    2016.7.27
    活動報告に34th International Conference on Biomechanics in Sports(ISBS)を, 研究業績には以下の業績を掲載しました.

    【学会発表】Kei Maeda, Keigo Ohyama Byun, Kenichi Hirose, Mitsugi Ogata. Technical factors required for proper body translation in the discus throw. 34th International Conference on Biomechanics in Sports.

    2016.7.23
    研究業績に以下の業績を掲載しました.

    【原著】清野隼・尾縣 貢(2016)トップスポーツ現場における栄養サポートの必要性
    【総説】尾縣 貢(2016)コーチの資質・能力の向上に関する政策動向:東京オリンピックの強化と関連づけて.
    【事例報告】清野隼・尾縣 貢(2016)トップスポーツ現場における栄養士の資質・能力
    【原著】広瀬健一・大山卞圭悟・藤井宏明・青木和浩・尾縣 貢(2016)ハンマー投における高重量ハンマーによる投てきのキネマティクス的特性‐レジスティッドトレーニングとしての利用法の検討‐
    【実践研究】広瀬健一・大山卞圭悟・前田 奎・梶谷亮輔・山元康平・中野美沙・木越清信・尾縣 貢(2016)ハンマー投のターン時間と投てき記録との関係
    【学会発表】Kenichi hirose, Keigo Ohyama Byun, and Mitsugi Ogata.The characteristics of turn rhythm patterns in the men’s hammer throw.21th annual Congress of the European College of Sport Science.
    【学会発表】Kenichi Hirose, Keigo Ohyama Byun, Kei Maeda and Mitsugi Ogata.The relationship between the duration time of turn and the throwing record in the men’s hammer throw.34th International Conference on Biomechanics in Sports.

    また,尾縣 貢先生の過去の業績も追加して掲載しました.
    2016.7.18
    ・コラム第75回「何故,スプリンターがメディシンボールを投げるのか 」を掲載しました.
    2016.7.5
    活動報告に第100回日本陸上競技選手権大会を掲載しました.
    2016.7.4
    ・コラム第74回「短距離走におけるエネルギー供給比率」を掲載しました.
    2016.6.20
    ・コラム第73回「脱水でパフォーマンスは上がるのか?」を掲載しました.
    2016.6.18
    研究業績に「高地の低圧環境を利用した新トレーニング法の開発(尾縣 貢)」を掲載しました.