• 研究室紹介
  • メンバー紹介
  • 年間予定
  • 研究業績
  • 活動報告
  • コラム
  • リンク
  • 問い合わせ
  • 学生募集
    大学院
    人間総合科学研究科
     博士前期課程体育学専攻
     3年制博士課程コーチング学専攻

    学群
     体育専門学群

    研究生

    入学希望、興味のある方はお問い合わせください。

    コラム
    陸上競技教室運営協力
    アクセス
    〒305-8577
    茨城県つくば市天王台1-1-1
  • TOPICS
    2016.11.28
    研究業績に以下の業績を掲載しました.

    【事例報告】広瀬健一・大山卞圭悟・尾縣 貢(2016)ハンマー投におけるターン局面への指導に関する事例報告−予備動作の形態を変更した投げ練習に着目して−. コーチング学研究, 30: 65-72.
    2016.11.21
    ・コラム第85回「回転投法の可能性 ‐回転投法の利点とは?(2)‐」を掲載しました.
    2016.11.9
    研究業績に以下の業績を掲載しました.

    【原著論文】水島淳・小山宏之・大山卞圭悟.「はだし」が児童の疾走動作に及ぼす影響:接地様式に着目して.発育発達研究,73:13-19.
    2016.11.7
    2016.11.4
    研究業績に以下の業績を掲載しました.

    【学会発表】林 陵平・高橋和孝・吉田拓矢・苅山 靖・木越清信・図子浩二.ドロップクリーンにおける台高と付加重量の相違が下肢関節キネティクスに及ぼす影響.第29回日本トレーニング科学会大会.
    2016.10.26
    ・コラム第83回「ハンマー投の力学 〜両足支持期に着目して〜」を掲載しました.
    2016.10.13
    ・コラム第82回「ハンマー投の歴史,用具の進化 」を掲載しました.
    2016.10.8
    研究業績に以下の業績を掲載しました.

    【学会発表】梶谷亮輔木越清信・前村広彦・山元康平・関 慶太郎・前田 奎広瀬健一尾縣 貢.下肢における大きな力発揮を目的とした個人の反動動作特性.日本体育学会第67回大会.
    2016.9.29
    活動報告に第64回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会を掲載しました.